本文へ移動

救急概況

最近5ヶ年の救急概況推移

平成29年中における救急活動の概要

  1. 救急件数及び搬送人員の状況
    平成29年中の救急出場件数は、3,500件(対前年比116件、約3.2%減)、搬送人員は3,266人(対前年比117人、約3.5%減)であった。
    また、搬送人員における年齢別では、高齢者が2,124人で全体の約65.0%であった。
    人口1万人当たりの救急出場件数は約415.7件で、住民約26人に1人が救急車によって搬送されたことになる。

  2. 事故種別毎の救急出場件数状況
    救急出場件数を事故種別毎にみると、第1位が急病によるもので、2,148件(全体の約61.4%)、第2位が一般負傷で555件(同約15.9%)、第3位がその他で414件(同約11.8%)となっている。
    なお、転院搬送390件のうち、145件が管外転院搬送(139件が県内医療機関、6件が県外医療機関)となっている。

  3. 傷病程度別搬送人員の状況
    搬送人員3,266人のうち、中等症が1,489人(全体の約45.6%)、医師の診断治療を受け入院加療を必要としない軽症が1,339人(同約41.0%)、重症386人(同約11.8%)、死亡52人(同約1.6%)となっている。

  4. 急病による搬送人員の状況
    急病による搬送人員2,019人のうち疾病分類別では、消化器系が163人(全体の約8.1%)と最も多く、以下呼吸器系157人(同約7.8%)、心疾患系153人(同約7.6%)、脳疾患系140人(同約6.9%)となっている。

  5. 救急隊員の行った応急処置の状況
    搬送人員3,266人のうち、応急処置を行った傷病者は3,260人(全体の約99.8%)である。
    そのうち、除細動が4件、気管挿管が14件、静脈路確保が29件、薬剤投与が10件の実施となっている。

  6. 高速自動車国道における救急出場の状況
    救急出場件数は36件、搬送人員は34人で、前年に比べ出場件数で15件増、搬送人員で15人増となっており、事故種別の内訳は、交通事故22件、急病13件、一般負傷1件である。
登録日: 2009年11月4日 / 更新日: 2018年2月9日
TOPへ戻る