本文へ移動

たばこ火災に注意しましょう!

たばこ火災に注意しましょう!

 たばこが原因となる火災は、毎年、全国でも出火原因の上位を占めています。管内においても例外ではありません。
 発生要因は様々で、たばこのポイ捨てや寝たばこ、たばこの火が完全に消えていない状態でごみ箱に捨てて火災となったなどの例があります。
 たばこを吸う時は喫煙マナーを守り、捨てる時は、火が消えたかどうか必ず確認しましょう。

たばこ火災予防動画

※令和2年春の火災予防運動時に作成した動画です。

組合管内のたばこが原因の火災事例(平成31年~令和4年3月)

発生年月
火災の概要
火災種別
平成31年3月
たばこの火種が座布団上に落下してくすぶり、紙製品と接触して着火したもの
建物
平成31年4月
完全に消火されていないたばこの吸い殻をごみ袋内に捨てたため、ごみ屑等に着火したもの
車両
令和元年11月
たばこの火種が敷布団上に落下してくすぶったもの
建物
令和元年11月
完全に消火されていないたばこが山積みの吸い殻がくすぶり崩れ落ち、こたつ敷布団に着火したもの
建物
平成2年7月
何者かが消火不完全のたばこの吸い殻をソファ上に捨てたためくすぶり、中身のクッション材に着火したもの
建物
令和2年12月
火のついたたばこが枕に接触してくすぶったもの
建物
令和2年12月
寝たばこにより火のついたたばこが絨毯の上に落下してくすぶり、畳に着火し、周囲の可燃物に燃え広がったもの
建物
令和4年2月
便所内で喫煙していた際、たばこの火種がトイレマット上に落下してくすぶり、付近の新聞紙に接触し着火したもの
建物
令和4年3月
大量の吸い殻が入ったガラス製灰皿でたばこを消したが、火煙が吸い殻内で蓄熱しガラス製灰皿が割れ、周囲の可燃物に燃え広がったもの(推定)
建物
敦賀美方消防組合
〒914-0811
福井県敦賀市中央町2丁目1-2
TEL.0770-20-0119
FAX.0770-22-0685
TOPへ戻る