本文へ移動

秋季火災予防運動に伴う街頭広報

街頭広報

 11/9(水)から11/15(火)までの7日間、全国一斉に秋季火災予防運動が実施されました。それに伴い、美浜消防署では11/13(日)にAコープ美浜店において、職員及び美浜消防団女性活動班の4名で街頭広報を実施しました。店舗利用客の方へ、住宅用火災警報器の設置や維持管理について説明し、これから訪れる冬の時期、ご家庭での火災に対する注意事項などを呼びかけました。

街頭広報の様子

美浜消防署からのお願い

 消防署では、火災から大切な命を守るため、10個のポイントを習慣と対策に分けてお願いしています。

(4つの習慣)
・寝たばこは絶対しない、させない。
・ストーブの周りに燃えやすいものを置かない。
・こんろを使うときは火のそばを離れない。
・コンセントはほこりを清掃し、不必要な電源プラグは抜く。

(6つの対策)
・火災の発生を防ぐために、ストーブやこんろ等は安全装置の付いた機器を使用する。
・火災の早期発見のために、住宅用火災警報器を定期的に点検し、10年を目安に交換する。
・火災の拡大を防ぐために、部屋を整理整頓し、寝具、衣類及びカーテンは防炎品を使用する。
・火災を小さいうちに消すために、消火器等を設置し、使い方を確認しておく。
・お年寄りや身体の不自由な人は、避難経路と避難方法を常に確保し、備えておく。
・防火防災訓練への参加、戸別訪問などにより、地域ぐるみの防火対策を行う。

これらのことを確認、意識していただき、火災予防に努めていきましょう。
TOPへ戻る