本文へ移動

救助活動

平成29年中における救助活動の概要

  1. 救助件数及び救助人員
    平成29年中の出場件数は56件(対前年比10件減)、活動件数は30件(対前年比10件減)、救助人員は26人(対前年比3人減)となりました。
  2. 事故種別出場件数の状況
    出場件数を事故種別で見ると、交通事故が26件、火災による救助が12件、水難事故が7件、それ以外が11件となっており、交通事故が46.4%と全体の半数近くを占めています。

最近の救助概況の推移

平成25年
種別/件数
出場件数
活動件数
救助人員
火災
20
7
交通事故
17
4
4
水難事故
3
2
1
風水害等自然災害
3
3
90
機械事故

建物等による事故
ガス及び酸欠事故
爆発事故
その他の事故
11
5
6
合計
54
21
101
平成26年
種別/件数
出場件数
活動件数
救助人員
火災
14
7
1
交通事故
23
11
11
水難事故
5
2
4
風水害等自然災害
機械事故
2
建物等による事故
1
1
1
ガス及び酸欠事故
爆発事故
その他の事故
5
4
3
合計
50
25
17
平成27年
種別/件数
出場件数
活動件数
救助人員
火災
12
5
1
交通事故
33
11
13
水難事故
10
6
8
風水害等自然災害
機械事故
2
2
2
建物等による事故
1
1
1
ガス及び酸欠事故
爆発事故
その他の事故
11
8
12
合計
69
33
37
平成28年
種別/件数
出場件数
活動件数
救助人員
火災
26
17
2
交通事故
30
17
19
水難事故
4
1
1
風水害等自然災害
機械事故
建物等による事故
1
1
1
ガス及び酸欠事故
爆発事故
その他の事故
5
4
6
合計
66
40
29
平成29年
種別/件数
出場件数
活動件数
救助人員
火災
12
5
2
交通事故
26
15
15
水難事故
7
4
3
風水害等自然災害
機械事故
2
1
1
建物等による事故
ガス及び酸欠事故
爆発事故
その他の事故
9
5
5
合計
56
30
26
登録日: 2016年5月27日 / 更新日: 2018年2月9日
TOPへ戻る